カートをみる 会員ログイン ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ

白湯の嬉しい効果!



▽▽▽白湯(さゆ)の嬉しい効果▽▽▽


白湯(さゆ)とは

水を沸騰させ、ぬるく冷ましたものです。
温度は50度前後。湯冷ましとも呼ばれ、
赤ちゃんの水分補給としても活躍しています。


◎代謝が良くなり痩せやすくなる

白湯(さゆ)を飲むと体がポカポカ温まります。内蔵の温度が1度上がると免疫力が25〜30%ほどアップすると言われています。
内臓がゆっくり温まることで、体の血のめぐりが良くなり、新陳代謝を促進。また脂肪燃焼につながり、ダイエットにも効果的です☆

◎内蔵疲労を回復

内臓が温められると、内蔵の機能は活発化します。消化の促進と老廃物を排出する働きが良くなるため、デトックス効果抜群。
体内の浄化作用に関係のある、肝臓や腎臓の働きも活発化。血液の循環が良くなり、体にたまった老廃物をきれいにしてくれます。老廃物が排出されると、肌のターンオーバーも活性化。肌荒れを防ぐことができます。

◎むくみ解消

肝臓や腎臓の動きが良くなると、尿の量が増え、水分排出を促します。血液やリンパの流れが良くなりますので、むくみも解消。
水分補給を白湯(さゆ)で行えば、代謝は衰えないまま効果が継続します。

◎冷え性改善

手足の先が夏でも冷たいとお悩みの方。白湯(さゆ)は、体の中に入り内臓を直接温めるため、全身に運ばれる血液も温まり、
手足にもその血液が届きます。朝晩の白湯を毎日続ければ、全身がポカポカと温まっていることを実感できそうですよ♪

◎便秘解消

白湯(さゆ)により胃腸が温められると、消化機能がよく働くようになり、胃腸の機能が活発化。体にたまった便が排出されやすくなります。特に、起きて朝1番に飲む白湯(さゆ)は、便秘に非常に効果的といわれています!


◆白湯(さゆ)はいつ飲むと効果的?


<起床時>

人は眠っている間に、コップ200mlの水分が奪われているといいます。だからこそ、起きた時の水分補給は大切です!
冷たい水を飲むと、寝ている間に休んでいた胃腸がびっくりしてしまいます。白湯(さゆ)を飲み、体の機能を目覚めさせましょう。
白湯(さゆ)を飲んだら、朝食は30分くらいあけてから食べると、消化がよくなります。胃腸の働きが活発になり、お通じが良くなりますので便秘の人に最適です!

<食事中>

食事中に飲むと、消化吸収を助ける効果があります。また、体温が上がり、新陳代謝がよくなることで消費カロリーが増えダイエットに最適。食事中は、150佞曚匹魄むのが理想的。ダイエットをしている方はぜひ試してみてください。

<就寝前>

寝る前に飲むと、副交感神経が刺激され、安眠できます。眠りが浅い人、不眠がちな人は、寝る前の白湯でリラックスし快眠につなげましょう。就寝前に飲むことで、翌朝のお通じにも効果あり。便秘がちな人は、起床時と就寝前の白湯(さゆ)を日課にしましょう。



◆1日に飲む量


1日に飲む白湯(さゆ)の量は、コップ5杯〜6杯(800ml〜1000ml)を目安にしましょう。あまり飲み過ぎると、体に必要な栄養分まで排出してしまいます。白湯(さゆ)は、それほどデトックス効果の高い飲み物なのです。


◆白湯(さゆ)のアレンジ


そのままでも十分効果のある白湯(さゆ)ですが、
飲みやすくするためにアレンジもおススメします!

<しょうがを入れる>
体を温める効果のあるしょうがを入れてみましょう。風味が良くなり、風邪のときにも飲みやすくなります。

<はちみつを入れる>
のどが痛いとき、せきが止まらないときは、はちみつ入りの白湯(さゆ)がおススメ。

<パウダー寒天を入れる>
パウダーの寒天を入れると、満腹感がでてダイエットに最適です。

<レモン+はちみつ>
ビタミンCが同時にとれ、はちみつのやさしい甘さが飲みやすくしてくれます。

化粧品と医薬部外品とは?



        化粧品と医薬部外品の違いは?

 
 一般的に化粧品と呼ばれているものには、『化粧品』と『医薬部外品』があるのをご存知ですか?
 化粧品とは、簡単に言うと『身体をキレイにするもの』を言います。
 薬事法によると、
 
  化粧品とは....

  『人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変えたり、皮膚
  や毛髪を健やかに保つために身体に使うもので、人体に対する作
  用が緩和なもの』

   具体的には、メークアップ用化粧品、基礎化粧品、石けん、シャンプー、リンス、歯みがき粉などです。

   ※薬事法とは、医薬品、医薬部外品、化粧品等の品質、有効性および安全性の確保等を目的とした
    薬事に関する基本の法律の事。この法律において、「医薬部外品」や「化粧品」の定義や品質、表示等 に
    ついての規則が定められています。
    しかしこれらの中にも『医薬部外品』と呼ばれるものがあります。
 
    医薬部外品とは....

   『化粧品と医薬品の中間に位置しているモノで、化粧品より効能が
  明確で、副作用を起こすことなく肌トラブルを予防するもの』


  ◎医薬部外品の種類 :化粧品の類似する医薬部外品には、次のような種類があります。

  1)口中清涼剤
  2)えき臭防止剤
  3)てんか紛類(アセモ・タダレ防止
  4)養毛剤・除毛剤
  5)染毛剤
  6)パーマネントウェーブ溶剤
  7)浴用剤
  8)薬用化粧品類 他

   この中で『 薬用化粧品 』とは、肌アレ、ニキビ防止、美白、皮膚の殺菌等薬事法によって医薬部外品
  として認められた効能・効果を持ち、かつ化粧品と同様の使用目的・使用方法を持つ製品のこと。

  【主な該当商品】
  ・薬用クリーム
  ・乳液
  ・ハンドクリーム
  ・化粧用油
  ・化粧水
  ・パック日焼け止め剤
  ・ひげそり用剤
  ・薬用石けん(洗顔料を含む)
  ・シャンプー、リンスなど

    医薬部外品は、ただ漠然と肌にいいとか、潤いを与えるとかいうものではなく、特定のものを予防し 、
    手助けするものです。効能が明確というのは、例えば『美白効果がある』とか『ニキビを防ぎたい』とか
     『 ふけ・かゆみを抑える 』などの効能がハッキリしているものということです。
        安全性の基準は化粧品と同じレベルです。

      また成分の作用や表示方法による違いでいうと、医薬部外品は作用はおだやかですが薬理作用が
   認められた成分が配合されており、 『有効成分』として、その成分名や効果が表示された製品が
   多く見受けられます。化粧品と違って表示される成分は全成分ではなく、指定成分の表示だけが
   義務付けられています。医薬部外品は、ある特定の効果や効能について薬事法によって承認された
   商品なので、表示の義務がありません。化粧品はこういった薬理作用は認められないので、効果に
   ついて表示することはできません。

     しかし効果・効能が認められた成分は配合されていますが、それは積極的に病気やケガなどを
   治すものではなく、予防に重点を置かれたものといえます。対象となる物もはっきりと定められて
   います。  また、効果そのものも誰にでも必ず認められるというものではなく、効果が期待できるという
   範囲。 この作用の違いが、医薬品との大きな違いです。

美肌効果のある食べ物!



◇◆◇美肌効果のある食べ物◇◆◇



胡麻(ごま)

胡麻に含まれるビタミンEは血をさらさらにしてくれます。これはお肌にキレイな血を行き渡せるのに、必要な栄養です。
そのほか鉄分、カルシウム、ビタミン類、タンパク質も豊富で、栄養の宝庫みたいな食材です。
ただし、よく噛んで食べないと栄養が吸収されにくいので、できればすり胡麻にして使うほうがいいかもしれません。


ヨーグルト

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は便通を良くして、腸をきれいにしてくれます。
また、腸がいい状態だと腸の中の善玉菌の活動が活発になり、美肌つくりに役立つビタミンBを作ってくれます。
ただ、ヨーグルトの中には乳酸菌が腸まで生きたまま届かないものもあるので、選ぶときにご注意。


トマト

トマトに含まれているリコピンには強力な抗酸化作用があり、お肌の老化を防止してくれます。
また、皮膚や粘膜を保護するビタミンAや老化を防ぐビタミンCも豊富で、
これらの栄養分が美肌つくりに重要なコラーゲンを作ってくれたりもします。
この他にも、高血圧や肥満などにも良いのです。生で食べてもよし、加熱してもリコピンなどの栄養は損なわれません。


いちご

いちごには美肌にとって欠かせないビタミンCがとても豊富に含まれています。
その量は果物の中でもトップクラス。おまけに鉄分も豊富で、貧血を防ぎ、顔色がよくなり皮膚をキレイにしてくれます。
また、ペクチンという食物繊維が多く含まれており、これが血中のコレステロールを減らしてくれますので高血圧や動脈硬化など
成人病の予防にもなります。


キウイ

キウイには大量のビタミンCが含まれています。
いちごに比べてキウイは少し大きいので、キウイ1個で1日に必要なビタミンCが充分まかなえると言われています。
また、いちごと同じくペクチンが豊富に含まれています。


アボガド

アボガドはものすごい高栄養の果物で、「森林のバター」と言われるくらい油の多い実です。
しかしその油はリノール酸、オレイン酸などの不飽和脂肪酸といわれるもので、動物性の脂肪と違って、
血中のコレステロールを下げる働きをします。ビタミンA・B・C・Eと豊富です。
スクワレンという成分も含まれており、この成分は髪の毛をツヤツヤにさせ、
皮膚にうるおいを与え、かさつきを防ぐ働きをします。


プルーン

プルーンには鉄分、ビタミンA・B・C・食物繊維が豊富です。
鉄分、ビタミンBは造血。食物繊維は腸を整え、ビタミンAは皮膚と粘膜を保護するという働きがあります。


鯖(さば)

さばの脂質にはEPAやDHAなどの高度不飽和脂肪酸が多く含まれているので、
成人病予防やボケ予防などに良いと言われています。
また鉄分が多く、ビタミンB2も含まれています。
新鮮なさばはエラが紅色をしていて、目が透き通っています。ぜひ新鮮なさばで美肌つくりを。

日本酒で美肌になれる!?




▽▲▽日本酒で美肌になれる1?▽▲▽




■体温をあげて美肌

日本酒を飲むと体温が2℃ほど上がるそうです。
体温が上がると血液循環がよくなり、肌表面の血行が高まるので、肌の新陳代謝が促されるそうです。
日本酒はほかのアルコールよりも、この体温アップ効果が優れているそうです。


■米麹は美白成分たくさん

日本酒の原料である米麹に含まれる「麹酸」は、
シミやそばかすの原因になるメラニン色素の生成を抑制するそうです。
なので、飲んだり肌につけることで美白効果が期待できます。


■アミノ酸がもっちり肌を作る

日本酒には肌の角質層の構成要素となるアミノ酸が数多く含まれています。
アミノ酸が豊富な角質層は、保湿力が高まり肌のたるみにも効果があるそうです。


■酒風呂美容

日本酒を飲むのはちょっと苦手な方は、コップ2〜3杯の日本酒をお湯に混ぜて作る酒風呂がおすすめ!
保湿効果を高めて、さらに美白効果も期待できそうです。


■日本酒化粧水

日本酒配合の化粧水などが販売され、日本酒の美白効果が多くの方に知られていますが、
実はそのままパッティングすることも良いそうです。
ただし、夏場などは酒のニオイに虫が寄ってくることもあるので、パッティング後に軽くすすいだほうがよさそうです。
また、個人差もありますので、お肌の弱い方は気を付けなければなりません。


■甘酒と麹

アルコールが苦手な方は、甘酒を飲んだり麹を料理に使うのが良いかもしれません!
麹酸を含んだ食品であれば、美白効果が得られそうです。





ヒアルロン酸ってなに?



『  ヒアルロン酸って何? 』


皮膚は、表面から角質層、表皮、真皮そして皮下の脂肪層、筋肉へとつながっています。コラーゲンは表皮の下の真皮の所にバネのような働きをして真皮を支えています。その間を埋めているのがムコ多糖、特にヒアルロン酸です。このヒアルロン酸という天然物質が、人体の主成分である水分を決定的に支配しているのです。


ヒアルロン酸は人間の体内に存在し、最も保水力を持つ高分子の体内で最も重要な物質なのです。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、人間の体内の約80%は水分で生成されています。その水分を保水・保湿する物質がヒアルロン酸です。皆さんにもよく知られている物質『コラーゲン』にとりましても、最重要物質であるヒアルロン酸による押し上げ(コラーゲンを助ける働き)がないとコラーゲンは変質してしまい、バネの役目が果たせなくなってしまいます。これが老化現象です。

そして、赤ちゃんの頃には100%近いヒアルロン酸も年齢と共に減少してしまいます。減少するとお肌のトラブル、関節痛や生理痛、その他にも体に様々な支障が起きるのです。つまり体内にヒアルロン酸を多く含む事によって体の支障を解消する事が出来るのです。

 では、ヒアルロン酸はいったいどんな働きをしているの?

ヒアルロン酸にはその重さの6000倍もの水を保つ力があります。
仮に体重60キロの人がすべて水でできていたとしても、ヒアルロン酸はわずか10グラムで、水分を保つことができるのです。しかも、さまざまな温度や湿度など環境に左右されることなく、安定した保湿力を維持します

ヒアルロン酸そのものは栄養素ではなく、毛細血管から全身の細胞に栄養素や、酸素を運ぶ決定的な役割をしています。また、細胞構築のための不可欠な存在であると同時に、全身の組織に潤いと弾力性を与え、体内保有水分の減少から生ずる老化を防止するといわれています。

あらゆる栄養が水分に溶けて吸収され、老廃物が排泄される、いわば人体にとって水は生命線であり、その維持管理を行うヒアルロン酸は人体にとって大変重要な成分であり、生体関連成分なのです。

体内でヒアルロン酸が特に多く含まれている臓器は、皮膚,関節空、眼、脳、心臓弁、動脈、卵巣、精液です。これらにおいてヒアルロン酸が不足してくるとシワやカサつき、関節炎、老眼、脳の萎縮等の現象が生じやすくなります。老化の初期現象がみられる箇所は、ヒアルロン酸が特に多い箇所と一致しているのです。

しかし、ヒアルロン酸の代謝が非常に早いことがあげられます。
体の中でのコラーゲンの半減期(10生体にあるものが5、つまり半分になくなるまでの期間)が、約半年に対して、ヒアルロン酸は約2週間と言われています。つまり取っても、取ってもすぐなくなるのです。
このようにお肌のみずみずしさと張りを支えるヒアルロン酸やコラーゲンは、若いうちは体内で活発に作られます。
しかし、年を取るとともに、ヒアルロン酸の生成を助ける酵素の働きが低下し、新陣代謝が衰えるので、体内での合成力も弱くなります。当然、肌はしだいにみずみずしさを失い肌荒れ、シミやシワができやすくなります。
そうした肌のトラブルを防ぐために、ヒアルロン酸やコラーゲンを多く含んだ食品等を十分にとるようにすることが大切なんです。

また、これは中高年の女性だけでなく、若い女性にもいえることです。
特に無理なダイエットで、栄養のバランスが崩れているような女性では、ヒアルロン酸が欠乏して、肌が取り返しのつかないくらい衰えている人が増えています。中高年であっても、若い人でも、肌の美しさを保ちたいのなら、ヒアルロン酸を直接、体内外に補給することを考えましょう。

ページトップへ