カートをみる 会員ログイン ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ

化粧品と医薬部外品とは?



        化粧品と医薬部外品の違いは?

 
 一般的に化粧品と呼ばれているものには、『化粧品』と『医薬部外品』があるのをご存知ですか?
 化粧品とは、簡単に言うと『身体をキレイにするもの』を言います。
 薬事法によると、
 
  化粧品とは....

  『人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変えたり、皮膚
  や毛髪を健やかに保つために身体に使うもので、人体に対する作
  用が緩和なもの』

   具体的には、メークアップ用化粧品、基礎化粧品、石けん、シャンプー、リンス、歯みがき粉などです。

   ※薬事法とは、医薬品、医薬部外品、化粧品等の品質、有効性および安全性の確保等を目的とした
    薬事に関する基本の法律の事。この法律において、「医薬部外品」や「化粧品」の定義や品質、表示等 に
    ついての規則が定められています。
    しかしこれらの中にも『医薬部外品』と呼ばれるものがあります。
 
    医薬部外品とは....

   『化粧品と医薬品の中間に位置しているモノで、化粧品より効能が
  明確で、副作用を起こすことなく肌トラブルを予防するもの』


  ◎医薬部外品の種類 :化粧品の類似する医薬部外品には、次のような種類があります。

  1)口中清涼剤
  2)えき臭防止剤
  3)てんか紛類(アセモ・タダレ防止
  4)養毛剤・除毛剤
  5)染毛剤
  6)パーマネントウェーブ溶剤
  7)浴用剤
  8)薬用化粧品類 他

   この中で『 薬用化粧品 』とは、肌アレ、ニキビ防止、美白、皮膚の殺菌等薬事法によって医薬部外品
  として認められた効能・効果を持ち、かつ化粧品と同様の使用目的・使用方法を持つ製品のこと。

  【主な該当商品】
  ・薬用クリーム
  ・乳液
  ・ハンドクリーム
  ・化粧用油
  ・化粧水
  ・パック日焼け止め剤
  ・ひげそり用剤
  ・薬用石けん(洗顔料を含む)
  ・シャンプー、リンスなど

    医薬部外品は、ただ漠然と肌にいいとか、潤いを与えるとかいうものではなく、特定のものを予防し 、
    手助けするものです。効能が明確というのは、例えば『美白効果がある』とか『ニキビを防ぎたい』とか
     『 ふけ・かゆみを抑える 』などの効能がハッキリしているものということです。
        安全性の基準は化粧品と同じレベルです。

      また成分の作用や表示方法による違いでいうと、医薬部外品は作用はおだやかですが薬理作用が
   認められた成分が配合されており、 『有効成分』として、その成分名や効果が表示された製品が
   多く見受けられます。化粧品と違って表示される成分は全成分ではなく、指定成分の表示だけが
   義務付けられています。医薬部外品は、ある特定の効果や効能について薬事法によって承認された
   商品なので、表示の義務がありません。化粧品はこういった薬理作用は認められないので、効果に
   ついて表示することはできません。

     しかし効果・効能が認められた成分は配合されていますが、それは積極的に病気やケガなどを
   治すものではなく、予防に重点を置かれたものといえます。対象となる物もはっきりと定められて
   います。  また、効果そのものも誰にでも必ず認められるというものではなく、効果が期待できるという
   範囲。 この作用の違いが、医薬品との大きな違いです。

ページトップへ